海外FXで億万長者になる方法

新型コロナウイルスの感染拡大によって、億万長者への憧れがよりいっそう強くなったという方も多いでしょう。

結局、何かあったときに頼れるのは国でも地方自治体でもなく、お金です。

第2波や第3波がおそらくやってくるであろう今後に備えるためにも、海外FXで稼いでおこうという方は増えています。

そこで知りたいのが海外FXで億万長者になる方法です。

ここでは、海外FXで億万長者になる方法について必要な情報をまとめていきたいと思います。

そもそも海外FXで億万長者になることは可能なのか?

そもそも海外FXで億万長者になることは可能なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、これは十分に可能です。

海外FXの場合、ハイレバレッジでのFXトレードが可能になりますので、資金効率がよく、手元に資金があまりないという方でも一発逆転を狙っていくことができます。

おまけに、相場は市場休日を除いて24時間動いているのです。

いつどのように動くかわからない相場だからこそ、可能性は無限大なのです。

ただ、だからといって簡単に海外FXで億万長者になれるわけではありません。

海外FXで億万長者になる方法というのは、簡単ではないのです。

誰にでもチャンスはあるものの、誰もが億万長者になれるとは限らないのです。

FXで億万長者になるのが難しいと言われる理由

海外FXに限らず、一般的にFXで億万長者になるのは難しいと言われています。

FXは投資のひとつですが、FX以外の投資のほうがいいと考える方もいるのです。

もちろん、それには理由があります。

FXで億万長者になるのが難しいと言われる理由について具体的に見ていきましょう。

 

ハイリスク・ハイリターンだから

FXで億万長者になるのが難しいと言われる理由として、まず挙げられるのがハイリスク・ハイリターンだからという部分です。

正直なところ、FXに限らず基本的にすべての投資はハイリスク・ハイリターンであると言っても過言ではないと思います。

FXは一気に儲けられる可能性がある一方で、逆に失敗してしまうと大きな損失になります。

ただ、海外FXの場合、追証なしのゼロカットシステムが採用されているところであれば、莫大な借金を抱えるようなことはありません。

海外FXに関して言えば、業者を吟味していけばローリスク・ハイリターンというのも夢ではありません。

 

技術が必要になるから

FXで億万長者になるのが難しいと言われる理由のひとつに、技術が求められるという部分が挙げられます。

実際に海外FXに限らず、FXというのはプロの投資家と並んでトレードしていくことになります。

為替レートの動きを的確に読みとるような技術は確かに求められます。

ただし、FXにおいてはミラートレードやEAといったものも可能になりますので、技術がなくとも儲けられる可能性はあります。

 

メンタルの強さが求められるから

FXに限らず、投資というのはメンタルの強さが求められます。

これもFXで億万長者になるのが難しい理由のひとつとして挙げられます。

特に、億万長者を目指すのであればかなりの金額が動くことになります。

大きな金額のトレードは投資家のメンタルに影響を与えます。

損失が出ると感情的になってしまう方も多く、感情に振り回されてしまった結果、良い結果を残せないままになってしまうケースもあります。

ただし、ミラートレードやEAなどのトレード手法を選ぶことによってメンタル面での負担というのは軽減させることもできます。

海外FXで億万長者になる方法その1:億万長者の真似をする

では、いよいよ海外FXで億万長者になる方法をご紹介していきたいと思います。

第一に挙げられるのは、億万長者の真似をするということです。

もちろん、トレード手法を真似るといったことも含まれてはいるのですが、もっと広い意味で億万長者の真似をしていきましょう。

 

トータルの勝ちを意識する

海外FXで億万長者になっている方というのは、トータルの勝ちを意識しているものです。

仮に1回の負けがあっても、全体で見たときにプラスとなっていればそれでOKなのです。

視野の広さといったものが求められるわけです。

 

リスク管理を徹底する

海外FXで億万長者になっている方というのは、リスク管理を徹底しているものです。

海外FXで億万長者になっている方というのは単純に勝ち続けてきただけではなく、積み重ねてきた自分の資産を守ってもきたわけです。

そう考えれば、リスク管理の重要性も理解できるのではないでしょうか。

 

自分で作ったルールを守る

海外FXで億万長者になっている方というのは、自分で作ったルールを守っているものです。

なぜルールを作るのかというと、自分の感情に振り回されないためです。

ルールを作っておいて、それを機械的なほどにこなしていくということが利益の積み重ねにつながってきます。

感情的になって損失を出してしまうケースが多いことを考えれば、これは納得の方法なのです。

海外FXで億万長者になる方法その2:負ける人の二の舞にならないようにする

先では海外FXで億万長者になる方法ということで、億万長者の真似をするという話をしました。

実は海外FXで億万長者になる方法にはもうひとつのアプローチがあります。

それは海外FXで負ける人の二の舞にならないようにすることです。

言い換えれば、負ける人の傾向を知って、それを回避するのです。

では、具体的にどういったことを回避すればいいのかご紹介していきたいと思います。

 

無理に稼ごうとする

海外FXに限ったことではないのですが、FXで負ける人というのは無理に稼ごうと

無理にするものです。

なぜかというと、次のチャンスを待てないからです。

トレードすべきではないタイミングで無理に稼ごうとするのはNGです。

 

損切ができない

これも海外FXに限ったことではないのですが、FXで負ける人というのは損切できず、損失を拡大させて消えていきます。

億万長者になりたいのであれば、損切りを徹底しなければいけません。

 

負けを取り返そうとする

先では無理に稼ごうとするから負けるという話をしましたが、負けを取り返そうとして無理に稼ごうとするというケースも多いです。

どこかで負けを認めたくない気持ちがあるのかもしれませんが、負けを認めないと成長できませんし、次に進むこともできません。

冷静になれば、それだけでリスクは抑えられるのです。

 

検証をしない

海外FXはもちろん、FXにおいてはトレードの検証が大切になってきます。

確かに検証というのは手間も時間もかかる面倒な作業かもしれませんが、それをすることによって次のトレードに活かしていくことができるのです。

反省をしない人間が成長できないのと同じです。

何が間違っているのかを理解することが成長につながります。

 

無理なハイレバレッジでトレードする

海外FXというのはハイレバレッジで一発逆転が可能です。

そのため、無理なハイレバレッジでトレードするケースも少なくないのですが、そういったケースでは多くが負けています。

早く億万長者になりたいのはわかりますが、おそらく証拠金維持率の低下や含み損の拡大でサヨナラする結果になるでしょう。

海外FXだからこそのハイレバレッジではあるものの、自分の資金に合わせたレバレッジをかけるのが大前提です。

おすすめの記事