AXIORYの口座開設

AXIORYの口座開設

今回はAXIORYの口座開設について見ていくことにしましょう。
では最初にAXIORYの公式ホームページ(URL: https://www.axiory.com/jp/)にアクセスします。

axiory-01

「リアル口座で取引を開始」または「口座開設」ボタンをクリックし、口座開設をしていきましょう。

axiory-02

ここでは個人口座の開設を行っていきます。
最初は「基本情報を」を記入していきましょう。

連絡先情報の項目では、

・「名」、「姓」は半角英数字で入力していきます。
・「お名前」は漢字で入力します。
・「メールアドレス」は普段利用するメールアドレスを使用しましょう。
・「電話番号」は0から記入すると指定がありますので、市外局番および携帯番号の0から半角数字で入力していきます。

最後に利用規約、プライバシーポリシー等に同意するにチェックを入れて「次に進む」ボタンをクリックしましょう。

axiory-03

次は「詳細情報」を入力していきましょう。
お客様の属性として「性別」、「生年月日」は任意のものを入力します。

axiory-04

お客様の現住所では、

・「国名」、「都道府県」、「市区町村」。「番地等、建物名、部屋番号」、「郵便番号(ハイフンあり)」、「納税義務国」、「国籍」、「出生地」すべて半角英数字で入力していきます。

axiory-05

そのあとの2項目「アメリカ合衆国の納税義務の有無」「公的に重要な立場にある者かどうか」についてはデフォルトでいいえが選択されています。通常は変更する必要がないのでそのまま「次に進む」を押して次に行きましょう。

axiory-06

その次は「投資に関する質問」を埋めていきます。
金融取引の経験について、


・「最終学歴」は「公式に教育は受けていない」、「中等教育(高卒または中卒)終了」、「大学卒以上」から選択。


・「現在の就業状況」は「学生」、「就業中」、「自営業」、「アルバイト・パートタイム」、「専業主婦・主夫」、「現在就業していない」、「退職している」のいずれかを選択しましょう。


・「年収」については、「$25,000以下」、「$25,001$50,000」、「$50,001$100,000」、「$100,001以上」から該当するものを選びましょう。おおよそ把握している数値で構いません。


・「おおよその資産額」は、「50,000USD以下」、「50,000100,000USD」、「100,000200,000USD」、「200,000300,000USD」、「300,000500,000USD」、「500,0002millionUSD」、「2millionUSD以上」から選んでください。

 

axiory-07

金融取引の経験は該当するものを1つ以上選ぶ必要があります。チェックボックスにチェックを1つ以上入れましょう。

axiory-08

・「投資の目的」については「リスクヘッジ」、「投機」、「投資」、「その他」より該当のものを選択しましょう。


・「投資期間」については「06か月」、「6か月~12か月」、「1年~3年」、「3年~5年」、「5年~10年」、「10年以上」より選択します。


・「純資産の何%の投資を考えるか」については「5%未満」、「510%」、「1120%」、「2150%」、「50%以上」から選択してください。


・「投資の資金元」は「貯蓄」、「所得」、「年金」、「相続資産」、「金融市場から収益」、「その他」から選びましょう。

すべて選択し終わったら「次へ進む」ボタンを押します。

axiory-09

今度は「トレードアカウントの作成準備」に入ります。
まずは「レバレッジ選択」です。よくわからない場合はデフォルトの「1:400」を設定しておきましょう。あとで変更可能です。

次にアカウント設定ですが、


・「希望のプラットフォーム」は「MetaTrader4(MT4)」か「CTrader」のどちらかを選びます。MT4のほうがプラットフォームとしては有名で人気がありますので「MetaTrader4(MT4)」を選択しておきましょう。スキャルピングに興味がある人は「CTrader」を選択するのがいいでしょう。


・「アカウントタイプ」ですが、「Standard」と「Nano」の2種類あります。Standardが一般的ですのでここは「Standard」を選択します。


・「通貨」は「JPY」、「USD」、「EUR」の3種類から選べます。JPYで問題ありません。


それぞれの選択が終わったら「次へ進む」を押します。

axiory-10

最後にIDと現住所確認書類の提出を行います。

「ご本人様確認書類」の提出になります。本人確認書類として利用できるのは「パスポート」、「運転免許証」、「マイナンバーカード」、「在留カード」といった顔写真付きIDとなります。写真には書類の四隅が写っているものを利用しましょう。

axiory-11

その次に現住所確認書類を提出します。

利用可能な書類としては「公共料金の明細書」、「電話料金の明細書」、「銀行残高証明書またはクレジットカードの明細書」、「税関係書類」、「住民票」、「印鑑証明書」、「住所の印字された健康保険証等」から選びましょう。

注意点として、6か月以内に発行されたもの、現住所と発行日・発行元が記されていること、四隅が写っていることなどがありますので注意書きをよく読んでから対応しましょう。

これら2つのファイルをアップロードして「送信」ボタンを押し、審査を待ちます。

審査が終了したら口座開設完了となります。その後入金を行って取引を開始しましょう。