easyMarketsの口座開設

ここではeasyMarketsの口座開設について順を追って見ていきます。
easyMarketsの公式ホームページ(URL: https://www.easymarkets.com/int/ja/)へアクセスしましょう。

easymarkets-01

「顧客登録はこちら」ボタンまたは右上の「ここからスタート」をクリックし口座開設を行っていきましょう。

easymarkets-02

「ライブ取引サインアップ」のポップアップが開きますので「メールアドレス」、「パスワード」、「電話番号」を入力しサインアップします。GoogleやFacebookアカウントでも登録が可能です。

easymarkets-03

次の画面では「居住国」の設定を行います。日本が設定されているのでそのままで「継続」ボタンを押しましょう。

easymarkets-04

登録したメールアドレス宛に「easyMarketsへようこそ! 新たなサービスをご覧ください」というメールが届きます。内容を確認した上「ログイン」ボタンを押してマイページへアクセスしましょう。

easymarkets-05

ログインするとアカウント詳細の画面に遷移します。ここからプロフィールを作成してきましょう。

アカウント詳細には先ほど登録したメールアドレスが「ログインユーザーネーム/イーメール」に登録されています。

ここでは「パスワード」のみ変更可能です。

easymarkets-06

続いて個人情報が記されていますので埋めていきましょう。

「タイトル」は性別を選択します。「ミスター」、「ミス」、「ミセス」、「ミズ」、「ドクター」の5つから選択します。

「名」、「姓」を入力します。

「生年月日」はプルダウンメニューより選択または右横のカレンダーアイコンで設定できます。

「国コード」「電話番号」は既に入力したデータが表示されています。

続いて登録住所の入力です。

「居住国」以下、「都道府県」、「住所」、「郵便番号」を入力します。

その次の規制の詳細は「日本」を選択しましょう。

ソーシャルログインの設定は必要でしたら設定しておきます。

上記の内容をすべて選択・入力し、チェックボックスにチェックを入れて「継続」ボタンを押しましょう。

easymarkets-07

完了すると「成功」と表示されたポップアップが表示されます。

次に「書類のアップロード」を行いましょう。

easymarkets-08

アカウント詳細の入力ではまず国籍を設定し、「次」を押します。

easymarkets-09

次に経済的プロフィールを設定していきます。

「あなたはアメリカ合衆国市民もしくは税目的のアメリカ合衆国居住者ですか?」
「あなたは政治的に重要な公的地位を有する者(PEP)ですか?」の質問に関して、日本に在住している一般の方であれば両方「いいえ」を選択しましょう。

「雇用状態」については「被雇用」、「自営業」、「退職済み」、「学生」、「非雇用」から選択します。

「職業」は任意のものを選択。

「あなたの年収」、「あなたの純資産」はドル表記のため「$1=100円」として計算しておおよその金額を選択しましょう。

easymarkets-10

最後に知識&経験についてです。

「投資の性質&OTCの経験」の項目のうち自身が該当するものを1つ選択してください。選択後「提出」ボタンを押します。

easymarkets-11

次はアカウント認証の準備に入ります。

「身分証明書類」の登録を行いましょう。身分証明書として使用可能なものは「国発行ID(マイナンバー)」、「パスポート」、「運転免許証」のいずれかになります。スマートフォンのカメラ等で撮影した証明書をアップロードします。その際にファイル形式およびファイルサイズには指定がありますので注意しましょう。

easymarkets-12

このほか「在留証明」として、公共料金請求書や銀行、クレジットカード等の利用明細書(住所およびフルネームが記載されていること、6か月以内発行のもの)を提出しておきましょう。

提出した書類は1営業日以内に審査されて、登録したメールアドレス宛に口座開設完了の連絡が届きます。あとは入金処理を行い、取引開始しましょう!