iFOREXの口座開設

ここではiFOREXの口座開設について順を追って見ていきましょう。
まずはiFOREXの公式ホームページを開きます。

iFOREXの口座開設はこちら

iforex-01

「無料口座開設」または右上の「登録」ボタンから口座開設を行っていきます。

iforex-02

「今すぐ無料口座開設」ページで「苗字」「名前」「メールアドレス」「電話番号」の4つの情報を入力していきます。
入力が終わりましたら「口座開設」をクリックします。

iforex-03

次の画面で「セキュリティコード」を入力しますが、表示されている数字を下のテキストボックスに記入してください。もし表示されているセキュリティコードの数字が認識しにくい場合には画像横の矢印を押すと数字が変わりますので、わかりやすい数字が出てくるまで選び直してみましょう。
その後取引規約の綱目にチェックを入れ「続行」ボタンを押します。

iforex-04

登録完了ページでは「連絡先メールアドレス」と「パスワード」が表示されます。
この情報は忘れないように持っておきましょう。印刷ボタンがついているため、印刷環境がある人は印刷して保存しておくと安心です。
登録完了となると登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

iforex-05

「iFOREX – ご登録」というタイトルのメールが届きますので、内容を確認します。
ログイン用の詳細情報となりますので、こちらの情報を利用して口座にアクセスを行っていきます。

それでは「ログイン&取引」を押してみましょう。

iforex-06

ログインするとダッシュボードの中を見ることができます。
右の「マイアカウント」を見てみると、まだ口座ステータスが「有効化前」となっているため、取引を行うことはできません。
まずは、本人確認用の「書類のアップロード」を行っていきましょう。

iforex-07

書類のアップロードに必要となる書類には以下のものがあります。

  1. 身分証明書
  2. 現住所の証明書
  3. その他の書類(必要な場合)

1.身分証明書として利用できる書類としては
・運転免許証
・パスポート
・写真付きマイナンバーカード

2.現住所の証明書として利用できる書類としては

・住民票(発行は6ヶ月以内に発行)
・公共料金の明細書(発行は6ヶ月以内)
・カード会社の請求書類(発行は6ヶ月以内)
・健康保険証(市区町村役場の発行する国民健康保険証等)
・写真付きマイナンバーカード
・運転免許証

などがあります。マイナンバーカードや運転免許証を身分証明書として使用している場合には、別の本人確認書類が必要となります。つまり運転免許証を身分証明書として提出した場合には、公共料金の請求書や領収書など、別に住所が確認できる書類を一緒にアップロードすることになります。

iforex-08

ブラウズをクリックし、ファイルをアップロードすると「ファイルは正常にアップロードされました」と表示されます。審査を待ってOKとなったら、あとは口座に入金を行ったのちトレード可能となります。

iFOREXの口座開設はこちら