LAND-FXの口座開設

ここではLAND FXの口座開設について順を追って見ていきましょう。
まずはLAND -FXの公式ホームページ(URL: https://www.land-fx.com/)を開きます。

landfx-01

LAND-FXには「Live口座」、「EC口座」、「Demo口座」の3つの口座がありますが、ここでは「Live口座」の口座開設を行っていきます。画面下にある「Live口座」ボタンをクリックします。

landfx-02

ではリアル口座開設を行っていきましょう。
まずは法人or個人の選択ですが個人を選択しておきます。
口座のタイプの選択:
「Platform Type」は「MT4」または「MT5」のどちらかを選択します。MT4はカスタムインジケーターやEAの数が豊富なため今でも多くのトレーダーにMT4で問題はありませんが、MT5を提供しているFX業者がまだそれほど多くないことや動作が早いという点からMT5を利用するユーザーも一定数います。どちらを選んでいいかよくわからないという人はMT4を選んでおくとよいでしょう。
「口座のタイプ」は「LPボーナス口座」と「Live口座」がありますがここでは「LPボーナス」を選択しておきます。
「通貨の選択」はJPYを、「レバレッジ」はデフォルトの「500:1」を選択しておきましょう(あとで変更可)。

landfx-03

個人情報:
「名前」、「苗字」は半角英字で入力します。
「性別」、「国籍」は任意のものを選択、「生年月日」はカレンダーから選択します。

landfx-04

個人情報(連絡先):
「電話番号」ですが携帯番号や市外局番は0を入れて入力します。ハイフンはいりません。SMSの認証を行う必要がありますので「SMS送信」ボタンを押しましょう(SMSが受けられる携帯端末がベストです)。
「メールアドレス」は普段利用しているものを半角英数字で入力します。
「居住国」はJapanを、それ以外の住所に関する情報も半角英数字で入力していきます。
すべての入力が終わりましたら「次へ」ボタンを押します。

landfx-05

資産情報&雇用情報:
「自己資産(USDドル)は」お持ちの資産をドル換算で記入しましょう。おおよその額でOKです。
「推定年収(USDドル)」もおおよその額を記入します。
「雇用状況」は、「会社員」、「自営業」、「退職者」、「学生/主婦」、「失業者」の5つの項目から選択します。
「産業」は自分のいる業界を選びましょう。

landfx-06

取引経験:
それぞれの取引内容についての経験を「0-6か月」、「6-24か月」、「24+ヵ月」から選択します。取引の経験が全くない場合には「無し」を選びましょう。

landfx-07

身分証明書:
身分証として利用できるファイルは「運転免許証」、「パスポート」、「マイナンバー」等になります(運転免許証およびパスポートは有効期限内であること)。スマートフォンなどのカメラで撮影した身分証をアップロードしましょう。その際には記載されている内容がはっきりわかるように撮影してください。

landfx-08

居住証明書:
居住証明書に利用できるものは「住民票」、「銀行及びカード明細書」、「公共料金領収明細書」などになります。こちらは3か月以内に発行されたものが利用できますので日付を確認した上で撮影しましょう。
アップロードしましたら「次へ」ボタンを押します。

landfx-09

約定書:
約定書をよく読み、内容に問題がないようでしたらチェックボックスにチェックを入れ「次へ」ボタンを押しましょう。

landfx-10

追加リスク表示:
本文中にある4つのリスク回避への同意について「20歳未満、65歳以上の場合」「先物取引及び投資取引の経験が6ヶ月未満の場合」「年収が$25,000未満の場合」「投資金が純資産の25%以上の場合」も忘れずにチェックを入れます。
最後に同意のチェックを入れて「次へ」ボタンを押しましょう。

landfx-11

口座申請書の送信が完了すると審査になります。その後登録メールアドレス宛に口座開設完了の連絡が来ますので
審査終了までしばらく待ちましょう。