Titan FXの口座開設

ここではTitan FXの口座開設について順を追って見ていきます。
Titan FXの公式ホームページにアクセスします。

Titan FXの口座開設はこちら

titanfx-01

緑色の「リアル口座を開設」ボタンを押して口座開設を行っていきましょう。

titanfx-02

ユーザー登録画面では以下のものを設定、記入していきます。
「お申込み口座を選択」では、「個人取引口座」または「法人取引口座」のどちらかを選択しましょう。
「メールアドレス」、「パスワード」は任意のものを記入します。
パスワードの設定には、大文字1文字、小文字1文字、7文字以上、数字1つが入っていることが条件になります。
条件を満たしていないと登録ができません。
その下にTitan FXからの情報を受け取るかどうかのチェックボックスがありますが、必要でしたらチェックを入れてください。
入力が済んだら「さあ、始めましょう」ボタンを押します。

titanfx-03

次のページでは取引口座の選択を行います。
「プラットフォーム」はMT4かMT5のどちらかを選択します。MT4がよいユーザーはEA取引(自動売買)を好むトレーダー、それ以外の裁量トレードが基本の場合にはMT5を利用するのがおすすめです。
「口座タイプ」はスタンダードまたはブレードから選択しますが、この口座開設手順ではスタンダードで説明していきます。
「レバレッジ」は「500:1」、「400:1」、「300:1」、「100:1」、「50:1」、「1:1」からの選択が可能です。Titan FXの最大レバレッジは500倍なのでここでは「500:1」を選びます。
「ベース通貨」は「JPY」、「USD」、「AUD」、「SGD」、「EUR」の5つから選択できます。ここでは「JPY」を選択していきます。
最後に、金融サービスガイド、金融商品開示文書、取引規約の同意にチェックを入れて「次へ」を押しましょう。

titanfx-04

最後の「お客様情報の入力」で住所や生年月日を記入していきます。
「名」、「姓」は半角英字で入力します。
「生年月日」はDD/MM/YYYYの順に入力します。たとえば1975年1月1日生まれの場合は01/01/1975となります。
「どちらで当社をお聞きになりましたか?」は入力してもしなくても構いません。

現住所の入力はすべて英数字での入力となり、日本語入力はできませんので注意が必要です。
「国」はJapanを選択、「電話番号」は、市外局番および携帯電話の頭の0を抜いて記入してください。
「住所」、「市町村区」、「都道府県」、「郵便番号」は公共料金の請求書や銀行の利用明細に記載されている住所を英語で入力しましょう。
入力がすべて終わったら「取引口座を開設」ボタンを押しましょう。

titanfx-05

完了画面が出たら登録は完了しましたので、先ほど記入したメールアドレス宛に届いているメールを確認します。「口座開設の最終ステップ」というメールが届いているので開いて見てみましょう。

titanfx-06

メールアドレス認証を求められますので「確認」ボタンを押して下さい。

titanfx-07

確認完了画面に切り替わります。まだ本人登録手続きが残っているので、このあと「クライアントキャビネット」ボタンを押し、ログインを行いましょう。

titanfx-08

ログイン画面に「メールアドレス」と「パスワード」を入力しログインボタンを押しましょう。

titanfx-09

クライアントキャビネットに入ることが出来ました。まだこの段階では口座開設が完了していません。本人確認が必要となりますので、「ご本人確認を開始する」ボタンを押して情報登録を行っていきます。

titanfx-10

「セキュリティ情報と設定」を記入していきます。
最初に「秘密の質問」、「秘密の答え」(例:「あなたが生まれた町は?」/「東京」)を設定します。
「雇用業種」は様々な業種がありますので、自分の仕事内容から選択しましょう。
「雇用形態」は「フルタイム」、「アルバイト・パートタイム」、「無職・その他」、「学生」、「自営業」から選択します。
「今後の投資計画」は自身が行う予定の「投資額」および「投資予定期間」を設定していきます。

すべてを入力したら「次へ」ボタンを押します。

titanfx-11

次は「身分証明書の確認」の項目です。
本人確認として顔写真付き身分証明書を持った写真を提出します。提出書類は「パスポート」、「運転免許証」、「マイナンバーカード」の中から選択します。ここでは運転免許証を選択してみていきましょう。

titanfx-12

「発行国」はデフォルトで日本になっています。変更せずそのままでOKです。
そのあと「姓」「名」「運転免許番号」「生年月日」をすべて入力し、「次へ」ボタンを押します。

titanfx-13

次の画面では自動認証についての説明が書かれています。内容をよく読み「次へ」ボタンを押しましょう。

titanfx-14

「同意宣言」に書かれている内容に同意して次に進みます。撮影するには撮影ができる端末であるパソコン(カメラ機能付き)やスマートフォンが必要となりますので、手持ちの機材で撮影ができるかどうか事前に確認してから取り掛かるようにしましょう。

titanfx-15

免許証を準備して撮影を行います。

titanfx-16

運転免許証の撮影が終了すると次は顔の撮影に入ります。

titanfx-17

一連の撮影が終了し、撮影による本人確認ができれば身分証明書の自動認証が終了します。

titanfx-18

最後の「現住所証明書」の提出を行います。提出可能な書類は
・住民票
・公共料金の請求書(ガス、電気、水道。都道府県および市町村名を含むもの)
・銀行、カードの利用明細書
のいずれか1点です。3か月以内に発行されたもの、書面上で名前・住所・発行日がきちんとわかるものを提出するようにしましょう。

titanfx-19

提出すると承認待ちとなりますので承認が完了するまでしばらく待ちましょう。
承認完了の連絡は登録メールアドレス宛に届き、口座開設がすべて完了となります。その後は入金を行い取引を開始することができます。

Titan FXの口座開設はこちら