Traders Trustの口座開設

ここではTraders Trustの口座開設について順を追って見ていきましょう。
まずはTraders Trustの公式ホームページ(URL: https://traders-trust.com/)にアクセスします。

traderstrust-01

Traders Trustは日本語向けのサイトになっていませんが、口座開設は日本語で行うことができます。

「Register」または右上の「Start Trading Now」ボタンをクリックし口座開設を行っていきましょう。

traderstrust-02

最初にこのような画面が出てきます。一度「Continue」を押します。

traderstrust-03

一番上にある言語設定が「English」になっていますが「日本語」にしてみましょう。

traderstrust-04

そうすると先ほどの英語表記が日本語になりました。
内容としてはTraders trustは日本向けにサービス提供をする目的で運得されているわけではないので、トレードを行う個人の責任のもとに利用してくださいというものになります。
ここではこのようなリスクがあるという前提で口座開設手順を行っていきます。

traderstrust-05

「口座」はデフォルトが個人となっていますので法人でなければそのままでOKです。
「お名前」、「苗字」は半角英字で入力します。
「メールアドレス」は普段利用しているものを記入しましょう。
「居住国」はJAPANを選択、
「電話番号」は+81以降は市外局番・携帯電話ともに0を省いた数字を半角で入力していきます。
続いて画像認識として4桁の数字が表示されます。表示された数字を半角で入力しましょう。
以上入力し終わりましたら「サインアップ」ボタンを押します。

traderstrust-06

プロフィールが送信されると上記の画面が表示されます。その後登録メールアドレス宛にメールが送信されますのでしばらく待ちましょう。

traderstrust-07

その後「口座開設」メール届きますので。「メール認証」ボタンを押します。

traderstrust-08

これでダッシュボードに入ることができました。
まずは「セキュア・エリアパスワード」を設定しましょう。
パスワードを記入したら「新しいパスワードを設定」ボタンを押します。

この後は個人情報詳細の入力に進みます。

traderstrust-09

「Choose」となっているのは「Mr」または「Miss」、「Mrs」の性別選択です。該当のものを選びましょう。
その下の名前部分は、先ほど登録した名前がすでに記入済みになっています。
姓名とも間違いないかどうか確認しましょう。
「生年月日」はカレンダーから設定を行います。
「最終学歴」は「該当なし」、「高等教育」、「学士号」、「修士号」、「博士号(PhD)」の5つから選択ください。
その下に3つの質問がありますのでそれぞれ該当するものを選択してください。

traderstrust-10

次に「連絡先情報」を記入していきます。
現在住んでいる住所や郵便番号情報を半角英数字にて埋めていきます。
電話番号およびメールアドレスは先ほど登録したものがすでに記入されています。

traderstrust-11

最後に雇用状況を設定します。
「雇用状況」は、「就業者」、「自由業者」、「無職」、「定年退職」、「学生」の5つから選択します。
「年収」は、「0-50,000」、「50,000-100,000」、「100,000-250,000」、「250,000-500,000」、「500,000以上」の5つから選択
「総資産額」は、「0-100,000」、「100,000-250,000」、「250,000-500,000」、「500,000以上」の4つから選択
「投資するための総資金」は、「0-500」、「500-2500」、「2500-5000」、「5k-10k」、「10k-25k」、「25k-50k」、「50k-100k」、「100k以上」から選択
「資金の収入源」は、「給与」、「年金」、「相続」、「貯蓄」、「取引利益」から選択

以上すべてを入力・選択し終えたら「保存」ボタンを押しましょう。

traderstrust-12

つづいて取引経験について答えていきます。

・外国為替証拠金取引の経験年数
・指数商品取引の経験年数
・株式取引の経験年数
・商品先物取引の経験年数
・口座開設の理由
・取引頻度

について該当するものを選んでいきます。

traderstrust-14

次のページでは同意書の確認を行っていきます。
記載されている内容に同意できるようであればチェックを入れて先に進みましょう。

traderstrust-15

さらにFATCAについて内容を確認します。出生地がアメリカでない、現住所がアメリカでない場合にはAを選択します。選択し終わったら「保存」を押して次へ進みます。

traderstrust-16

さらに運用口座の設定を行います。
「ウォレット口座の新規作成」では通貨を設定します。ここでは「JPY」か「USD」が選択できます。
「運用口座の新規作成」の設定ですが
「タイプ」はLiveのみ
「口座タイプ」は「Classic」または「Pro」
「口座タイプ」は、「JPY」か「USD」のどちらかを選択
「レバレッジ」は、「1:30」、「1:50」、「1:100」、「1:200」、「1:500」から選択できます。
選択し終わったら「保存」ボタンを押します。

次が情報登録の最後となる本人情報登録となります。

traderstrust-17

まず身分証明・個人情報証明を登録していきます。
パスポートやIDカード(マイナンバー)、運転免許所から選択します。

traderstrust-18

次に住所証明を登録していきます。
公共料金の明細、銀行またはクレジットカード明細、住民票(発行日から6か月以内のもの)などから選択してファイルをアップロードしましょう。

本人証明書、住所証明書の確認が完了したのち、取引開始となります。